大阪陸上競技協会とは

大阪陸上競技協会について

大阪陸上競技協会は、1922年(大正11年)6月に「大阪体育協会」として設立され、初代会長は池上四郎氏(大阪市長)でした。2011年に一般財団法人となり、令和3年4月1日に公益認定を受け、公益財団法人として活動しています。

概要

会長 松本 正義
専務理事 竹内 章
設立目的 大阪府における陸上競技界を統括し代表する団体として、陸上競技を通じてスポーツ文化の普及及び振興を図り、もって府民の心身の健全な発達に寄与し、豊かな人間性を涵養する。
設立年月日 2011年(平成23年)4月1日 一般財団法人
2021年(令和3年)4月1日 公益財団法人
基本財産 3,300万円
所在地 大阪市東住吉区長居公園1丁目1番 大阪市長居陸上競技場内

会長挨拶

平素は、当協会の運営にご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される中、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、聖火リレーがスタートするなど、関係者の尽力により、開催に向けた準備が進められております。
このような状況下、当協会の各種事業につきましては、昨夏以降、感染予防対策をとり開催してまいりましたが、本シーズンも引き続き、適切な感染予防対策を講じながら各種事業を推進し、陸上競技を通じたスポーツ文化の普及、振興に努めてまいります。
とりわけ、本年度は、「郷土浪速からオリンピアンを」と題して進めておりますOSAKA夢プログラム事業指定競技者のオリンピック代表選考に向けた総仕上げのときとなり、このプログラムの目標達成に向けて全力で取り組んでまいります。また、中期事業計画に掲げた次世代競技者の育成や普及の中核事業となる、「陸上アカデミア構想」を具体化し、次の世代を担う子供たちのための陸上教室に関するパイロット事業を開始できるよう準備を進めてまいります。

さて、当協会は、令和4年度に創立100年の記念すべき年を迎えます。目下、記念史編纂などの記念事業の準備を進めているところであり、一世紀にわたり、諸先輩方が築かれ受け継いできた有形無形の財産を更に拡充させ、我が国をリードする競技団体として陸上競技を盛り上げていきたいと考えております。
当協会は、本年4月1日付けで大阪府知事から公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律に基づく認定を受け、これまでの一般財団法人から公益財団法人に移行いたします。引き続き、府、市をはじめ関係機関と連携し各種事業を着実に推進し、陸上競技を通じた地域社会、経済の発展に貢献してまいりたいと考えております。

皆様には、今後とも、変わらぬご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年4月1日
公益財団法人大阪陸上競技協会
会長 松本 正義

当協会業務について

当協会の業務は、原則として日・月曜日及び祝日は休業といたしております。
登録・大会参加申込みなどにお越しの際にはご注意下さい。
なお、夏季・年末年始・その他特別な行事のために臨時休業や変更する場合は、その都度掲示板やホームページで告知させていただきます

受付時間
平日 10:00~16:30
土曜 10:00~13:00

  • 日曜祝日月曜日は休業日となっております
  • 13:00~14:00の間は昼食休憩のため不在となります

当協会へのアクセス

報道機関の皆様へ

大阪陸協主催競技会の取材を希望される方は「陸上大会取材申込連絡票」に必要事項を記入してメールかFAXで申し込みください。

copyright © Osaka Association of All Athletics